型枠工事、建設工事施工の竹田工務店。本社は上越市、新潟・長岡・十日町の営業所で県全域をカバーします。

型枠に関するご相談・採用に関する質問等お気軽にお問い合わせください。

受付時間/ 8:00 ~ 17:00
(土・日定休日)
MENU
前のページへ戻る

CSR活動

csr_title

竹田工務店では、日々利用する型枠材、ユニフォームの『リサイクル循環システム』を有効に活用することで、廃棄物排出量削減、省資源、省エネルギーといった社会の課題を身近に感じ、理解を深め、実行を重ね、循環型社会形成への貢献に一役を担っています。

リサイクル可能な型枠材を積極的に利用しています。

csr03竹田工務店では、木製の合板型枠の他に、リサイクル可能なプラスチック製型枠も積極的に利用しています。使用済みのボード、パネルは廃棄処分するのではなく、メーカーの回収・再利用システムによりリサイクルされます。回収は有価買取にて行われるので、リサイクルと同時に処分費用の低減も実現しています。

・カタパネル天馬株式会社様
・NFボードJFEスチール株式会社様

木製の合板型枠の再利用・廃棄時にも一工夫があります。

csr02木製の合板型枠は、工事現場で利用後、釘の除去、付着したコンクリートの除去作業を行い、次の現場で再利用するなど、廃棄物を最小限に抑える工夫・努力を日々行っています。実用に耐えられなくなった型枠は当然ながら廃棄処分されますが、ただ廃棄する訳ではなく、地域の化学工場に受け入れていただき、焼却・熱利用され、別の製品を産み出すエネルギーとして役立っています。

リサイクル可能なユニフォーム・ヘルメットを積極的に利用しています。

csr_circle竹田工務店は、ミドリ安全 リサイクル ユニフォーム ネットワーク『WIDE RUN 21』に参加しています。

不要となったユニフォームやヘルメットをリサイクルするシステムで、回収後は産業用資材として再使用されます。
ユニフォーム、ヘルメットは従業員や職人が毎日身に着けるもの故、リサイクルを身近に感じることができます。
この様な取り組みを通じて、CSR活動に対する理解を全社で深めています。

 

型枠に関するご相談・採用に関する質問等お気軽にお問い合わせください。
受付時間/ 8:00 ~ 17:00
(土・日定休日)